dagmotoのブログ

たぶんネタバレあります

TAMRONの超広角レンズを買った

超広角レンズが欲しい。

 

D7200を手に入れて、数か月。

ふと思い立った。

当たり前だが、メインで使っている30mm単焦点では撮影できる範囲に限界がある。

 高い建物、横に長い景色。

どれだけ下がっても、見切れまくり。

 

超広角レンズを買おう。

SIGMA単焦点レンズが個人的にとてもよかったので、今回はサードパーティー製のレンズも候補に。 

 

SIGMAの候補は2種類。

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ニコン用 APS-C専用 203559

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ニコン用 APS-C専用 203559

 

このレンズは出目金のように、まぁるいレンズが飛び出ているため、フィルターが付けられない。

フードを付けるからいいとしても、結構な適当人間である私は扱うのがちょっと怖いな 

でも8mmってのは興味ある。

 

 SIGMA 10-20mm F3.5

SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用 202552

SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用 202552

 

10-20mmでF3.5通し。

私は超広角レンズを風景にを撮影するのに使いたい。

ということは、きっと絞るだろうからF3.5である必要はない気がする。

 

Tokina 11-20mm F2.8 

ときなー?

初めて聞いたメーカー。

調べてみると『トキナーブルー』というものがあるらしく、空などがとても綺麗にうつるんだそう。

ふむふむ。

風景撮影に空は大体入るし、コントラストが綺麗かも?

そしてSIGMAより明るいF2.8と、焦点距離が1mm違う。

1mmの違い。

おそらく私にはわからないだろう。

 

NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6

お手頃価格のNikon純正超広角レンズ。

この中では発売日が一番新しい。

でも新しすぎて、購入を検討していた時期にはほとんどレビューが無く、検討材料が少なすぎた。

 

今回は除外しましたが、フルサイズ対応レンズも含めるとあと数種類あるみたいです。

 

 

今回は上記4つを候補に、ヨドバシカメラへいざ参る。

広角レンズの焦点距離ごとになった表が貼ってあった。

私の用途では10-20mmぐらいが使いやすそうと思えてきたので、8-16mmは候補外へ。

 

そしてこの時点でTokinaも候補外へ。

理由は特にないです。

こういう直感は大事にしていこう。

 

さてどうしたものか…と思い、店員さんヘルプ!

 

「超広角レンズが欲しくて悩んでるんすけど、今のところ候補はSIGMA10-20mmかNIKKOR10-20mmっす」

 

NIKKORよりはSIGMAのほうがおすすめですね。

それよりもおすすめなのが、TAMRONです。」

 

新たなレンズの出現。

 

 

NIKKOR10-20mmの少し前に出たTAMRONの超広角レンズ

TAMRON 10-20mm F3.5-4.5 DiⅡ VC HLD

以前からあったレンズの新型らしい。

 

ヨドバシ店員さん的おすすめポイント

・手振れ補正があるので夜景や室内でも使いやすい。

・AFが速い。

・フルタイムマニュアルという、シャッターを押しながらでもフォーカス調整ができる機能。

 

実際に触らせてもらったけど、確かにSIGMAよりAFが速い。

価格も大差ない。

そして新しいレンズなだけあって、メーカーは違えどかなり進化しているらしい。

 

よーし、これにしよう。

 

フィルターも一緒にお買い上げ。

購入したのはこれ。

f:id:dagmoto:20170831170011j:plain

大口径レンズのフィルター値段高っ!

 

 

帰宅後、開封の儀。

f:id:dagmoto:20170816214133j:plain

f:id:dagmoto:20170816214130j:plain

 

花形フードが付属。

 

f:id:dagmoto:20170816214243j:plain

f:id:dagmoto:20170816214123j:plain

 

どーん。

 

f:id:dagmoto:20170816214249j:plain

f:id:dagmoto:20170816214255j:plain

 

スレンダーなキットレンズと比べるとすこし寸胴に見えます。

持ち主といっしょだぞ。

良かったなTAMRONよ。

f:id:dagmoto:20170816214127j:plain

 

f:id:dagmoto:20170816214609j:plain

f:id:dagmoto:20170816214602j:plain

f:id:dagmoto:20170816214606j:plain

 

フードを付けてみた。

f:id:dagmoto:20170816214559j:plain

f:id:dagmoto:20170816214554j:plain

 

 

いざ撮影するべく、夜のメリケンパークへ。

 

10mm側

超広い!

スタバがあんなに遠くに!

この写真はブレブレですが、きちんと撮れればちゃんと光芒も写るはず。

f:id:dagmoto:20170816214854j:plain

 

同じ位置から24mm側

スタバが一気に近づいた。

コーヒー飲んでいる人も見えます。

夜に飲んだら寝られなくなるよ!

f:id:dagmoto:20170816214851j:plain

 

f:id:dagmoto:20170816214847j:plain

ポートタワーも丸々入る。

 

f:id:dagmoto:20170816214844j:plain

 

この日は手持ち撮影だったのですが、手振れ補正があっても夜景は三脚などの固定できる方法で撮るべきだと思いました。

反省。

 

f:id:dagmoto:20170816215233j:plain

泳ぐアシカも全身入る。

 

超広角難しい。

独特の歪みがかっこいいけど、それを活かすのがまた難しい。

練習しないとなぁ。

 

今回最終的にまったく候補に入っていなかったレンズを購入することになりました。

いや、毎回か。

実は、『TAMRONは当たり外れが大きい』とか、レンズによってあまり評価がよくないものがあったりして、候補ではなかった。

でも、結果としてとても満足しています。

買ってよかった。

どこかへ行くときには、必ず持っていく1本になりそう。

 

これで、10~140mmまでカバーできるレンズがそろったので、旅行、お散歩はバッチリ。

せっかく買ったしどこか行きたいなぁ。